『ふるさとを大切にしよう』4年校外学習

 今日、4年生は国土交通省 東北地方整備局 仙台河川国道事務所協力の下、岩沼出張所の職員の方の説明を受けながら、ふるさとを知る学習を行いました。下記の四つのねらいをもって
‘酩山浄水場 
 ⊆轡宿ダム
 0ど襍╂邁聾,太平洋(新浜水門)を見学しました。
【見学のねらい】
ふるさとの川である阿武隈川の流れと河口までを見ることで,阿武隈川周 辺の自然を自分の目・耳・体全体で感じ取ります。
防災の役割も持つ施設【浄水調節施設,洪水調節施設及,水門】を見学  し,それぞれの施設の働きと阿武隈川の関わりについて考えます。
川や施設を守る人の仕事を見ることで,川の働きと共にこれからの防災の 在り方を考えます。
ふるさとの川・阿武隈川の特徴を他の川と比べ,実際に自分の目で見て感 じたことで『ふるさとを大切にしよう』という気持ちを周りの人にも伝えま す。
 子ども達は、これまで学習したダムのしくみや働きを再確認するとともに、阿武隈川の特徴を知り、ふるさとの良さを再確認することができました。特に、七ヶ宿ダムの地下道のライトアップの光景に驚いたり、水を浄化する実験を見せてもらったことが強く心に残ったようです。
2019年03月19日(火) No.469 (学習活動)

[Admin] [柴田っ子ブログTOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41